営農指導・販売事業

ホーム > 事業のご案内 > 営農指導・販売事業  > 新規就農について  > 相談から就農までの流れ

相談から就農までの流れ

1.就農希望 (農業をやってみたい方)

  • 親が農業経営を行っているので、農業経営を継いで規模拡大をしたいと考えている
  • 農業経験はないが、農業がやってみたい、農業で生計を立てたいと考えている
  • U・I ターン者で、農業経験はないが、出雲市で農業がやってみたいと考えている

まずは、ご相談ください。

2.相談窓口 (まずは相談しましょう!)

3.就農決意 (就農を決意された方は、栽培作目や経営計画を考えましょう)

  • 専門的に就農を希望する

    栽培計画や販売について、各関係機関と話し合い計画を作成します。
    「認定就農者とは」
    補助事業までは考えていないが「専業農家」になる。
  • 生きがい的に就農を希望する

4.就農計画作成

  • 就農時から5年間の営農計画を立てましょう。

    1.作目と栽培面積の目標計画
    2.作目ごとの収支目標計画
    3.施設・機械の導入計画
    4.資金の調達計画
  • 研修計画と研修受け入れ先を決めましょう。
 

4.就農計画作成

栽培作物、経営面積から栽培計画を作成し、実行に移します。

また、栽培計画や販売について、各関係機関と話し合い計画を作成します。
 

4.就農計画作成

栽培作物、経営面積から栽培計画を作成し、実行に移します。

また、栽培計画や販売について、各関係機関と話し合い計画を作成します。
   

5.農業技術習得研修

技術習得研修を受けることが必須です。

  • 研修先:
    先進的農家、農業大学校、農業技術センター、出雲市アグリビジネススクールなど
  • 研修期間:
    40歳未満は1年間
    40歳以上は6ヶ月
 

5.農業技術習得研修

栽培技術等の習得研修は任意ですが、先進農家への研修や出雲市アグリビジネススクール受講など栽培技術の習得は重要です。
 

5.農業技術習得研修

栽培技術等の習得研修は任意ですが、先進農家への研修や出雲市アグリビジネススクール受講など栽培技術の習得は重要です。
   

6.就農準備

 

6.就農準備

就農に必要な圃場の確保、施設・機械の整備等必要なものの準備を行いましょう。

機械整備に活用できる補助事業
農業3F事業: 多様な農業者等支援事業
 

6.就農準備

就農に必要な圃場の確保、施設・機械の整備等必要なものの準備を行いましょう。

機械整備に活用できる補助事業
農業3F事業: 多様な農業者等支援事業
   
  就農   就農
JAからの大切なお知らせ。JAからの重要な情報をお知らせします。困った時の緊急連絡先。キャッシュカードや通帳の紛失・盗難、自動車の事故・トラブルなど、各種緊急時の連絡先についてご案内します。