いずも街コラム

ホーム > いずも街コラム > 2014年1月

2014年1月のコラム

ラピタとんど祭り

2014/1/21


JAいずもが運営するショッピングセンター・ラピタは1月14日、出雲市神西沖町で「とんど祭り」を開きました。地域住民ら約80人が集まり、今年の無病息災を願いました。    

 

ラピタでは、市内9店舗でしめ縄などの正月飾りを回収。集められた正月用品は山のように高く積み上げられ、点火すると大きな炎となり空を焦がしました。

 

ラピタのとんど祭りは昭和40年(1965年)ごろから続く恒例の行事。この地域の冬の風物詩の一つになっています。



伝統料理「とうふ飯」で大豆の収穫を祝う

2014/1/20


出雲市立檜山小学校は1月9日、同小学校の体育館で、檜山地区の伝統料理を食べる「とうふ飯集会」を開きました。児童や地域のボランティア約90人が参加し、ご飯に地元産の大豆で作った豆腐をのせ、カツオ節やだし汁で味付けする「とうふ飯」を食べて、大豆の収穫を祝いました。

 

集会は、4年生が地域の伝統文化を学ぶ「ふるさと学習」の一環。小学校と檜山コミュニティセンターが共同で毎年実施しており、7年目になります。児童は、地区の農業団体「グリーンサークル」の協力のもと、大豆作りに挑戦し、6月の種まきから11月の手作業での収穫を体験してきました。「とうふ飯」を食べた後、4年生の児童が大豆作りで学んだことをステージで発表しました。児童は「地域のたくさんの人にお世話になって大豆ができたので嬉しかったです。大豆作りが大変な仕事であることが分かりました」と話しました。



中部ブロック「こどもクラブ」80人が修了

2014/1/ 9


JAいずも中部ブロックは12月8日、JA本店で「こどもクラブ」の修了式を開催しました。今年度は小学1年生から6年生の80人が修了し、萬代宣雄校長(JA会長理事)より修了証書を受け取りました。修了した児童のうち、53人が皆勤賞でした。

 

こどもクラブは、中部ブロックが平成22年度から取り組んでいる食農教育のイベントです。今年度は5月の田植えから始まり、田んぼの生物調査、島根中酪の工場見学とバター・アイスクリーム作り体験などの講座を開きました。参加した児童は「お米作りなどの体験をして、食べ物ができるまでの大変さが分かりました」と話しました。



JAいずも「ゆとり会」企画

2014/1/ 9


JAいずも共済部は12月4日、出雲市民会館で「豪華競演!!夢のステージ in出雲」を開催しました。昼の部と夜の部の合計で約2,000人が来場し、中村美律子さん、市川由紀乃さん、永井裕子さん、三山ひろしさんの豪華競演コンサートを楽しみました。

 

また、コンサートの合間には、船津営農組合の槇原組合長から「コシヒカリ」などのプレゼントが出演歌手4人に手渡されました。



ラピタ歳末チャリティー

2014/1/ 9


JAいずもが運営するショッピングセンター「ラピタ」は12月13日、出雲市の福祉施設の利用者の皆さんにみかんとバナナを贈りました。西園町の養護老人ホーム長浜和光園での贈呈式では、米原稔組合長が「ミカンとバナナを食べて、元気でよい年を迎えてください」とあいさつし、みかん3箱(1箱10㎏)とバナナ2箱(1箱10㎏)をプレゼントしました。施設を代表して河井シゲさん(99)が「毎年、皆さん楽しみにしておられます。ありがとうございます」とお礼を述べました。

 

ラピタは、福祉施設の利用者の皆さんに楽しい年末年始を過ごしてもらおうと、歳末チャリティー事業を30年以上前から毎年行っています。今年は30施設を訪問し、合計でみかん77箱、バナナ57箱を贈りました。



JAからの大切なお知らせ。JAからの重要な情報をお知らせします。困った時の緊急連絡先。キャッシュカードや通帳の紛失・盗難、自動車の事故・トラブルなど、各種緊急時の連絡先についてご案内します。