いずも街コラム

ホーム > いずも街コラム > 2013年9月

2013年9月のコラム

カーブミラー76基、出雲市に贈呈

2013/9/30


JAいずもは9月24日、出雲市へカーブミラー76基を贈呈しました。出雲市役所での贈呈式では、井上幸雄専務が「市民の皆さんからの要望が多い場所に設置し、交通安全対策に取り組んでください」と長岡秀人出雲市長に目録を手渡しました。長岡市長は「カーブミラーは事故防止に直接つながるもので、毎年約100ヵ所の設置要望があります。交通事故の犠牲者を1人でも減らせるよう努力していきます」と話しました。

 

JAいずもでは、地域貢献活動の一環として、昭和47年から毎年カーブミラーを贈呈しています。

 

また、9月21日から30日の秋の交通安全週間に合わせ、JAいずもの全支店では、交通安全啓発グッズ(ちらし、反射材、ポケットティッシュ)窓口で来店者に配布しました。



「西浜いも」ゆうパック出発式

2013/9/30


湖陵町かんしょ生産組合は9月25日、JAいずも河南営農センターで「西浜いも」のゆうパック出発式を開きました。生産者や郵便局職員、JA関係者ら約40人が出席。トラックの運転手に花束を贈呈し、万歳三唱で計264箱(1箱3㎏と5㎏)を中国・近畿地方などに送り出しました。

 

今年産は、7月下旬からの猛暑と雨不足の影響でやや小ぶり傾向ですが、甘味のある上々の仕上がりとなっています。湖陵町かんしょ生産組合の森山真治組合長は「日本海の潮風を受け、ミネラル豊富な砂丘地で育ったおいしい西浜いもを、たくさんの人に食べてもらいたいです」と話しました。ゆうパックは11月29日まで受け付け、1,500箱の出荷を目指します。

 

「西浜いも」は、生産組合の27人が8.4㌶で栽培しています。品種は、甘味とほくほくとした食感が特徴の「紅あずま」と、食感がしっとりとした「べにはるか」です。収穫は11月上旬まで続く予定です。

 

 

 



多伎いちじく品評会 柳楽定伸さん最優秀賞

2013/9/21


JAいずも多伎いちじく生産部会は9月11日、多伎いちじく館で「多伎いちじく」の品評会を開きました。最優秀賞には、多伎町久村の柳楽定伸さんが選ばれました。

 

品評会には30人の生産者が4パック(1パック300㌘)ずつ出品。県や市、JAの関係者ら6人の審査員が、赤紫色の付き方や玉ぞろい、果実の口の開き具合などを基準に、最優秀賞1点、優秀賞6点、優良賞3点を決めました。入賞したイチジクは、多伎いちじく館で展示即売し、観光客や地元の人にPRしました。

 

多伎いちじくは、強い甘味が特徴の品種「蓬莱柿(ほうらいし)」。生産部会の95名が16.7㌶で栽培しています。出荷は10月末まで続き、販売額は生食と加工合わせて8,500万円を見込んでいます。

 



高齢者福祉施設に加湿器とゲーム機を贈る

2013/9/10


JAいずも女性部稗原支部は7月26日、今年3月の「女性部まつり&家の光大会」で「ラピタ環境保全活動優良グループ」として受賞した賞金を活用し、稗原地区の高齢者福祉施設にゲーム機と加湿器を贈呈しました。稗原支部では地域貢献活動の一環として、高齢者の皆さんに利用してもらえることに賞金を使おうとメンバーで話し合い、地区内の2施設からのリクエストに応えて、「㈱さくら 稗原デイサービスセンター」にはターゲットゲームを、「野尻の家」には加湿器を贈りました。

 

「㈱さくら 稗原デイサービスセンター」では、レクレーションの時間にターゲットゲームが利用されています。利用者の皆さんからは「体を動かせて頭の体操にもなるとても楽しいゲームです」と人気を集めています。



JAいずも上津支店 旅行事業実績3年連続目標を達成

2013/9/10


JAいずも上津支店は、旅行相談員の皆さん(國山祐吉さん、畑義夫さん、槙原輝夫さん、勝部信子さん、金山三代子さん)を中心にJA旅行事業に積極的に取り組み、平成22~24年度の3年連続で旅行事業実績目標を達成しました。昨年度は目標達成率267%という優秀な成績をおさめたことから、特別表彰を受賞しました。

 

8月8日には上津支店で表彰式が行われ、生活部の森本充明部長から表彰状と副賞が贈呈されました。



JAからの大切なお知らせ。JAからの重要な情報をお知らせします。困った時の緊急連絡先。キャッシュカードや通帳の紛失・盗難、自動車の事故・トラブルなど、各種緊急時の連絡先についてご案内します。