いずも街コラム

ホーム > いずも街コラム > 2013年7月

2013年7月のコラム

ヒマワリ畑の迷路を作ろう! 神門地区農地と水と環境を守る会

2013/7/30


出雲市神門地区の「神門地区農地と水と環境を守る会」は7月10日、芦渡町の耕作地にヒマワリの種を植えました。大きく育ててヒマワリ畑の迷路を作る「田んぼアート(迷路)ひまわり植栽によるイベント」の一環です。神門幼稚園の園児、神門川小学校1年生、河南中学校3年生ら合計約350人が参加し、54.5aの畑に約1万粒の種をまきました。9月上旬には河南中学生がデザインしたヒマワリ畑の迷路が完成する予定です。

 

迷路作りは地域を花で明るくし、幼稚園児と小学生には育てる喜びと楽しさを、中学生には保育の教育を含めて企画されています。



JAいずもやすらぎ会総会

2013/7/19


JAいずもやすらぎ会は7月11日、ラピタ本店で第21回総会を開き、2013年度活動計画などを決めました。今年度も引き続き、支部でのミニデイサービスを健康づくり・介護予防に重点を置く内容とし、利用者が参加しやすいよう地域ごとに小規模単位で開いていくことや、高齢者介護施設への訪問や独居世帯の安否確認などに積極的に取り組むことを確認しました。

 

総会には会員やJA関係者ら約150人が出席。持田郁世会長は「支え合い、助け合いの理念のもと、介護予防事業を推進していきましょう」と呼び掛けました。役員改選もあり、片伊勢妙子さんを新会長に選任しました。

 

総会後の活動報告で、きづき支部の竹並せつ子幹事が日ごろの活動や、会員の高齢化を踏まえ、新会員の募集などの課題点を発表しました。介護予防研修会も開き、JAの健康運動指導士の市場真紀さんを講師に、全身の血液の循環を良くするレインボー体操や転倒を予防するためのストレッチ体操などを行いました。



JAいずも農青連大社支部 高齢者福祉施設にデラウェアを贈呈

2013/7/19


JAいずも農青連大社支部は7月12日、出雲市大社町にある高齢者福祉施設にデラウェアを贈呈しました。農青連のメンバー6人が4施設を訪問し、合計で14箱(18房入り)贈りました。

 

ブドウの贈呈は、高齢者の皆さんに地元の美味しい特産品を味わってもらいたいと毎年行っています。金築一成支部長は「皆さんとても喜んでくださいます。私たちが丹精込めて作ったデラウェアを食べて、夏を元気に過ごしてもらいたいです」と話しました。



手作りお弁当講習会を開催 JAいずも女性部高浜支部

2013/7/19


JAいずも女性部高浜支部は7月7日、平野町の高浜コミュニティセンターで「手作りお弁当講習会」を開きました。子ども連れの女性ら10人が受講し、簡単で栄養バランスいい弁当をテーマに、講師の管理栄養士伊藤幸子さんが考案した野菜が沢山とれるメニュー計10品を作りました。

 

受講者は3班に分かれて「かにかまの中華サラダ」や「はんぺんとグリーンアスパラのチーズ焼き」などを班ごとに3、4品ずつ調理しました。完成した手作り弁当とコンビニ弁当の中身を皿に移し、主食、主菜、副菜の割合を比較することで、弁当としてのバランスの良さも確認しました。

 

講習会は、高浜支部が若い世代向けに取り組む活動の一環です。今後はハムやトマトケチャップ作り教室などを企画する予定です。錦織文子支部長は「女性部活動の楽しさを若い世代にPRしていきたいです」と話しました。



JAいずも女性部「舞グループ」 男の料理教室を開催

2013/7/16


JAいずも女性部東部地区の「舞グループ」は7月4日、平田町のふれあいの家さつきで「男の料理教室」を開きました。30代から80代の15人が参加し、短時間で手軽にできる料理をテーマに「サケの蒸し煮」や「オクラのとろとろスープ」など4品を作りました。参加した男性は「簡単にできるメニューだったので楽しめました。料理に興味を持つ良い機会になりました」と話しました。

 

「舞グループ」は、旬の地元野菜を使った料理作りに取り組む女性部グループです。これまでの調理経験をいかせる新しい取り組みとして、今回の料理教室を企画しました。松浦雪子部長は「包丁を握ったことのない男性もいましたが、楽しんでもらえてよかったです。今後も新しい企画に挑戦したいです」と話しました。

 



神戸川支店、建設工事スタート

2013/7/10


 神門・知井宮・古志の3支店を統合した新支店「(かん)戸川(どがわ)支店」の建設工事が7月上旬から始まりました。7月3日には建設予定地の出雲市西新町で安全祈願祭と起工式が行われ、関係者約30人が出席し、工事の安全を祈りました。

 

 「(かん)戸川(どがわ)支店」は、建物全てを平屋で建設し、会議室や簡易な調理施設を併設します。高齢者の方でも利用しやすく、組合員の皆さんが気軽に集える店舗作りを目指します。オープンは11月25日を予定しています。

 

 新支店建設は、3支店の職員及び機能を集約することで、効率性と機能性を兼ね備えた支店を作り、組合員・利用者の皆さんを総合的・一体的にサポートできる体制の整備を目的としています。



(農)まめなかファーム新田後 農産加工場が完成

2013/7/ 9


 (農)まめなかファーム新田後の農産加工場が6月下旬に完成しました。6月22日に開かれた竣工祝賀会には、組合員や関係者約40人が集まり、加工場の完成を祝いました。

 

 同法人の生産加工部は、地産地消をテーマとし、野菜の生産・加工・販売までを一環して行っています。これまでは白菜キムチやきゅうり漬けを作り、ラピタのファーマーズコーナーで販売してきましたが、商品数を増やして事業を拡大させていくため、3年前より加工場の建設に動き出しました。県職員からふるさと島根定住財団のジャンプアップ事業の紹介を受け、研修会等にも積極的に参加してきました。今年2月のプレゼンテーションでは高得点で評価され、助成金対象として認可を受け、加工場の建設へとこぎつけました。生産加工部の湯浅きよ子部長は「今後はニンニクやナスビの加工品作りにも挑戦し、販路拡大を目指します」と意欲を話しました。



田んぼの生き物調査 中部ブロック「こどもクラブ」

2013/7/ 4


JAいずも中部ブロックは6月30日、出雲市大塚町で「田んぼの生き物調査」を開催し、小学生64人が参加しました。児童は、JA職員から環境保全に果たす田んぼの役割や食物連鎖について説明を受けてから田んぼに入り、カエルやメダカ、タニシなどを捕まえ、図鑑と見比べて観察しました。参加した児童は「いろんな生き物がいて驚きました。もっといろいろ捕まえたいです」と笑顔で話しました。

 

生き物調査は、地域の子どもたちに食や農への理解を深めてもらおうと開く食農教育教室「こどもクラブ」のイベントです。5月に苗を手植えした田んぼで取り組みました。次回は8月にバターとアイスクリーム作りを体験する予定です。



第2回カローリング大会開催 JAいずも西田支店・北浜店・鰐淵店

2013/7/ 3


 JAいずも西田支店・北浜店・鰐淵店合同カローリング大会が6月23日、奥宇賀町の光中学校体育館で開催されました。同大会は、3地区の活性化と組合員の皆さんの相互親睦を目的とし、雲州ひらたカローリング協会の協力のもと、昨年より実施している人気イベントです。

 

 カローリングは、氷上のカーリングからヒントを得て誕生した3世代でできるインドアスポーツです。当日は、3地区から16チーム(1チーム5人、競技は3人)の参加があり、1試合6ゲームで2試合の総得点で競われました。優勝は、西万田チーム(清水秀夫、福島京子、田中みどり、福島久義、錦織保夫【敬称略】)が輝きました。

 

 



井上幸雄専務 農協人文化賞受賞

2013/7/ 1


 「農協運動の仲間達が贈る第35回農協人文化賞」の表彰式と記念シンポジウムが6月17日、東京都内で開催され、JAいずもの井上幸雄専務が農協人文化賞を受賞しました。農協全国組織並びに農協関連団体等より推薦を受け、信用部門での受賞となりました。

 

 農協人文化賞は、長年、農業協同組合運動の発展に献身的に寄与されてきた功績者が表彰されるもので、今回は、「信用」「共済」「営農」「経済」「厚生」「福祉」「一般文化」「特別賞」の8部門に全国から15人が表彰されました。

 



JAからの大切なお知らせ。JAからの重要な情報をお知らせします。困った時の緊急連絡先。キャッシュカードや通帳の紛失・盗難、自動車の事故・トラブルなど、各種緊急時の連絡先についてご案内します。