いずも街コラム

ホーム > いずも街コラム > 2013年4月

2013年4月のコラム

「デラウェア」初出荷 粒張り、糖度十分

2013/4/23


島根ぶどうの主力品種「デラウェア」の出荷が4月21日から始まりました。今年産は3月以降の好天で順調に生育し、粒張りも良く、糖度20度を越す甘いブドウに仕上がっています。

JAいずも荒茅ぶどう集荷所での同日の出荷式には、生産者ら約100人が出席しました。2JA(いずも1戸、西いわみ3戸)管内の生産者4戸が、20日に収穫した計940㌔を名古屋や京阪神などの消費地に向けて送り出しました。JA全農しまねの坂本忍本部長は「燃料高騰など、生産者の皆さんには苦労をかけていますが、販路拡大に力を入れていきます」と意欲を示しました。JAいずもの米原稔組合長は「消費者の求めるブドウを作り、産地を守っていきましょう」生産者に呼び掛けました。

県産「デラウェア」は昨年産から大粒を重視し、粒が密着しない程度の数に仕上げて食べやすくする新規格を導入しています。全農しまねは、今年産の島根ぶどうの出荷量1,805t、販売額18億4,600万円を計画しています。



上津地区で桜まつり開催

2013/4/23


上津地区で4月7日、「第12回桜まつり」が開催されました。当日は、生憎の雨模様となり会場を上津コミセンとJA上津支店に変更して行なわれました。農青連・女性部による餅つき(販売)やJAアスパラガス部会によるアスパラの試食・販売の他、豚汁やフライドチキン、和牛肉・和牛コロッケ販売などがあり、多くの人で賑わいました。

イベントでは、水木ケイ歌謡ショーが開催され、コミセン大会議室に入りきれないほどの盛況ぶりでした。最後の大抽選会には沢山の商品が用意され、地域の皆さんの大変喜ばれている姿が見られました。参加者は「コミセンから眺める桜も良いが、来年は晴れ晴れと桜の木の下で開催できるといいね」と話しました。



いちご大福、上手にできた JAいずも生活お役立ち教室

2013/4/23


JAいずもは4月3日、渡橋町のふれあいの家出雲でいちご大福作り教室を開きました。市内から親子連れなど14人が参加。JA女性部活動でこれまで何度もいちご大福作りを指導してきた岡弘子さんが講師役を務めました。

今回は、本格的に生地作りから始めました。参加者は、岡さんから柔らかなもち生地にするためのポイントを教わり、もち粉と水を混ぜて蒸し、砂糖と卵白を加えながらなめらかになるまで混ぜて生地を作りました。最後にあんこをからめたイチゴを生地で包み、いちご大福に仕上げました。初めて作った参加者も多く、「こんなにたくさん作れるとは思わなかった。おいしくできたので、家庭で子どもに作ってあげたい」と話していました。

教室は、JAいずもが取り組む生活文化活動の一環です。毎月、料理教室や体操教室など日常生活に役立つ教室を企画し、女性部員やJA職員が講師を務めています。



新入職員29人が入組 平成25年度JAいずも入組式

2013/4/23


JAいずもは4月1日、ラピタ本店で平成25年度入組式を行いました。今年度の新入職員29人が出席し、米原稔組合長から辞令を受け取りました。

米原組合長は「職場の先輩方から多くを教わり、仲間との絆を深めて、組合員の皆さんのために尽くすことのできる職員になってください」と挨拶しました。新入職員を代表して勝田美里さんは「出雲の未来、日本の未来を担う一員として自覚と責任を持ち、組合員の皆様に信頼され、愛される職員となれるよう精進して参ります」と決意を述べました。

新入職員は3ヶ月間の研修後、各部署に配属され、業務にあたります。皆さまのご指導とご支援をお願いします。

平成25年度新入職員

【一般職員】松田かおり▽田中理恵▽米原大地▽勝田美里▽橋本美紀▽中野辰彦▽笠谷洋貴▽矢頭翔▽和田智尋▽石田雄平▽久谷憲司▽渡部睦▽大賀美雅之▽三谷陽介▽梶谷宏樹▽常松明希▽藤江賢志朗▽名原鈴佳▽馬庭拓也▽小梶佳樹▽堀野茜▽青木周平▽竹下茜▽加藤遥香▽郷原絵里子▽大坂美咲子▽影山史奈

【店舗職員】▽福代拓也▽大野貴紀



保育園児、梨の授粉体験

2013/4/19


JAいずも神門梨部会は4月17日から19日にかけて、出雲市神門地区で保育園児を対象とした梨の授粉体験を行いました。市内の8つの保育園から合計約240人が参加。園児は部会員から作業手順の説明を受けた後、授粉棒を使って梨の花一つ一つに花粉をつけました。体験した園児は「花粉がうまく付いたので楽しかった。梨ができるのが楽しみ」と感想を話しました。

部会では、11戸(5㌶)が「幸水」「あたご」などを栽培しており、園地ごとにオーナー制を取り入れ、契約販売を行っています。神門の赤梨の認知度向上のため、毎年、オーナー契約をした保育園の園児を招いて授粉体験を行っています。竹下幸男部会長は「授粉体験は好評で、毎年多くの保育園から申し込みをいただいています。神門の赤梨のおいしさを広めていきたいです」と話しました。



JAからの大切なお知らせ。JAからの重要な情報をお知らせします。困った時の緊急連絡先。キャッシュカードや通帳の紛失・盗難、自動車の事故・トラブルなど、各種緊急時の連絡先についてご案内します。