いずも街コラム

ホーム > いずも街コラム > 2013年2月

2013年2月のコラム

大社小学校4年生 みんなでみそ造り

2013/2/19


出雲市立大社小学校の4年生が1月29日、みその仕込み作業を体験しました。児童44人が参加し、JAいずも女性部大社地区のみそ加工グループが指導しました。
材料の大豆は、昨年児童が種をまき、収穫したもの。児童は、煮た大豆をすり鉢でつぶし、麹と塩、大豆の煮汁を混ぜ、団子状に丸めてから容器に入れて空気抜 きしました。児童は春に米作りも体験する予定で、秋の調理実習で新米と今回仕込んだみそを使い、おにぎりとみそ汁にして食べる計画を立てています。体験し た児童は「大豆をつぶす作業が難しかったけど、味噌がどうやってできるか分かって勉強になりました」と話しました。
 同校では、食への感謝と伝統的な食材の素晴らしさを児童に知ってもらおうと、大豆栽培からみそ造りまでの体験学習を4年前より毎年行っています。



灘分の小学生、親子で実感 食と農の学習会

2013/2/18


灘分コミュニティーセンターの青少年育成部が2月16日、「親子ふれあいスケート&食と農の学習会」を開きました。同学習会は、青少年育成部が子どもたち に地産地消の大切さを知ってもらおうと毎年実施しており今年で7年目。出雲市立灘分小学校の1~6年生とその保護者約150人が参加し、宍道湖公園湖遊館 でスケートを楽しみました。
 その後、児童らは灘分コミュニティーセンターに移動し、日本の食糧自給率や食文化の変化に関するDVDを見たり、JAいずもが制作した食と農の大切さを 呼び掛ける内容の紙芝居を鑑賞しました。昼食には、灘分小3年生が大豆の栽培から収穫までを体験して作った豆腐を使い、地元のボランティアが調理した豚汁 とおにぎりを食べました。



いずも農協青年連盟 第18回通常総会開催

2013/2/ 5


いずも農協青年連盟は1月25日、JAいずも本店会議室で第18回通常総会を開催しました。盟友や関係者約30人が出席。金築祥史委員長は「今後も農業を生業とし、地域に根ざして仲間と一緒にがんばっていきましょう」と呼び掛けました。
総会では、盟友の加入促進を図り、支部活動を活性化させることや、安全で安心な農畜産物の生産に取り組むこと、消費者・地域住民・子どもたちに農業への理解を深めてもらうため、食農・交流活動を実施していくことなどが決まりました。
 農青連は地域農業を担う若者を中心とした青年組織です。子どもたちを対象にした、米づくり教室やメロンづくり教室、イモほり大会などの活動を展開する他、JAいずもの一組織として、各地区の農業祭りなどにも参加しています。



ラピタ恒例のとんど祭りを開催

2013/2/ 5


 ラピタは1月14日、出雲市神西沖町で「とんど祭り」を行いました。地域住民など70人が集まり、今年の無病息災を願いました。
 ラピタでは市内9店舗でしめ縄などの正月飾りを回収。集められた正月用品は山のように高く積み上げられ、点火すると大きな炎となり空を焦がしました。参 加者にはミカンがプレゼントされました。ラピタのとんど祭りは昭和40年(1965年)ごろから続く恒例の行事。この地域の冬の風物詩の一つになっていま す。



島根のイチゴ「島系22-148」 甘さ、香りをラピタでPR

2013/2/ 5


島根県が育成したイチゴの新品種「島系22-148」の試食会が1月12日、ラピタ本店で行われました。JAいずもいちご部会の7人が試験栽培している品 種で、果実は橙赤色で、糖度が高く、イチゴの甘い香りが強いのが特徴です。試食した買い物客からは「すごく甘くて驚いた。とてもおいしい」と好評でした。
 「島系22-148」は、県農業技術センターが「紅ほっぺ」と「アスカルビー」の人工交配で育成しました。糖度が13~15度と、県内産の「紅ほっぺ」よりも2~3度高いイチゴです。
 試食会は、いちご部会が新しい品種のおいしさを地元消費者に知ってもらいたいと企画。会場では、JAや農業技術センターの職員らが、買い物客にイチゴを手渡し、品種の甘さや香りの良さを売り込みました。新品種のイチゴは、4月中旬までに1000パック出荷する予定です。



ラピタみなみ店、リフレッシュオープン

2013/2/ 4


 ラピタみなみ店(出雲市塩冶町)は、1月29日にリフレッシュオープンしました。開店セレモニーでは、米原組合長をはじめ関係者が、テープカットとくす玉 割りを行い、オープンを祝いました。開店前にはお客様の長蛇の列ができ、お買上げの方には、紅白まんじゅうがプレゼントされました。
生まれ変わったみなみ店は、農産物直売コーナーを中心に生鮮品売場を充実させ、さらに『安全・安心・新鮮な食材の提供』を通じて『鮮度感溢れる店舗』を目指していきます。
また、地元産品を優先した『地産地消の促進』、多くの皆様に喜んでいただける『豊富な品揃えと売場展開』など、『美味しさ・楽しさ・感動』を常に追求し、組合員・地域の皆様にご満足頂ける店作りを目指していきます。
どうぞ、新しいみなみ店でごゆっくりと楽しい時をお過ごし下さい。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。



JAからの大切なお知らせ。JAからの重要な情報をお知らせします。困った時の緊急連絡先。キャッシュカードや通帳の紛失・盗難、自動車の事故・トラブルなど、各種緊急時の連絡先についてご案内します。